チラシに載せるメニュー商品を決め誰に売る ターゲット

集客チラシは、誰に何を伝えるかの手段です。この「誰」を見込み客となる相手を絞り込んで定めます。この定めた相手を「ターゲット」と言います。

集客チラシのターゲットを絞り込む

-ひとりごと-

 

ターゲットの絞り込み?

 

今まで考えたことがなかったわ

 

でも、

よく考えてみれば、

そりゃぁー そうよネ!

 

私だって

 

「みなさぁーん」

 

と呼びかけているチラシや広告には

見向きもしないものね

 

だって「みなさん」じゃ

私に関係あるとは思わないもの

 

自分がそうなのに

売り手の立場になると

何でそれが見えなくなっちゃんだろう?

 

不思議よネ・・・

 

参考動画 ↓

ターゲットを絞る2つの意味 約12分

集客チラシのターゲット

集客チラシは

 

誰(ターゲット)に何を伝えるか

 

が基本です。

 

この「誰に」が定まらないと、

 

誰だかわからないひとに

いったい何を伝えるのか?

 

ということになってしまいます。

ターゲット(誰に)を絞り込む

初めて集客チラシを作る場合には、

先ず、

あなたのお店で提供しているサービスの中で

  • 人気のあるメニュー商品
  • 既存客に評判の良いメニュー商品
  • 自信のあるメニュー商品
  • お客様からの悩みのご相談が多くあってそれに当てはまるメニュー商品

選び出します。

 

選び出したメニュー商品から

商圏の市場調査「リサーチ」を元に

同業他店(競合相手)では

  • できない
  • 苦手(にがて)にしている
  • 宣伝していない

メニュー商品を選びます。

 

この作業を怠(おこた)ると

ターゲットが同業他店とかち合った場合

あなたが後発の立場であれば

先駆者のお店には勝てないからです。

 

選び出したメニュー商品の中から

今回は、

どのメニュー商品の集客チラシを作るかを

決めます。

 

決めたメニュー商品は、

どのような人が

  • もとめているのか
  • 必要としているのか

箇条書きにします。

 

その箇条書きにしたものから

一人を選びます。

 

この一人が、

今回の集客チラシを見せる相手(誰)

 

ターゲット

 

です。

チラシのターゲット(誰)が定まると

このターゲット(誰)が定まると、

ターゲット(誰)はひとりですから、

そのひとりに向けて

いかにも顔を合わせて話しをしているように

 

あなた(ターゲット)の必要としているものなら私(当店)にお任せください

 

伝えればいいということです。



チラシこことでお悩みがありましたらいつでもお電話ください!

お店のチラシ印刷 集客チラシの作成 相談 さいたま市.戸田市.蕨市
お店のチラシ印刷 集客チラシの作成 相談 さいたま市.戸田市.蕨市