知らないお店を あの人のお店に変える「顔写真」

人は、知らないお店や利用したことのないサロン店には、精神的な負担(リスク)があり、なかなか入店することはありません。その負担(リスク)を軽減する決め手は、あなたの「顔写真」です。

顔写真をチラシに載せることをためらう

-サロン店オーナーのひとりごと-

チラシに顔写真を載せるの

載せなきゃダメなの・・・

 

-私の一言-

あなたの個人的都合と

チラシを見た人が来店しやすくすることと

あなたはどちらが大切ですか?

 

集客チラシの目的は?

 

-お客様-

まだ利用したこともない知らないお店から

いきなり来てと言いながら

顔も見せないで失礼でしょう

それでは初対面の挨拶になりません・・・

 

参考動画

小さなビジネスの「隠れた強敵」 約9分

チラシに載せる 顔写真の力

集客チラシは、 

未だ、

あなたの存在を

全く知らない人に見てもらうことが

大前提の媒体です。 

 

そこで、

集客チラシの

 

全く知らないお店

 

という大きな壁を

どのようにして取り除くかを考えます。

安心の決め手は あなたの「顔写真」

払拭(ふっしょく)の一番の決め手は

 

あなたの「顔写真」

 

です。

集客チラシに載せる店長の顔写真

店長の ○○○○○ です

スタッフ一同

あなた様がご来店くださることを

心よりお待ちしております!

新聞折り込みのチラシでは、

沢山あるチラシを「パッパッ」と

チラ読みではなくチラ見をします。

 

このチラ見する時間は、

約0.5秒程度で、

読むというよりも

手のひらでも見るかのようにチラシを

チラ見します。

 

チラ見の時、

チラシのどこ見るかというと

一番上の文字が大きく書かれている部分

ヘッダー(キャッチコピー・大見出し)です。

 

そのヘッダーが目にとまり

チラシを飛ばし読み(部分読み)します。

 

そして、

さらに興味を持ったら

ここで初めてチラシを読み、

 

なるほど

 

と思ったところに 

 

「オーナーや店長の顔写真と実名」

「スタッフの写真」

 

があれば

「安心」

「信頼」

を与えることができるのです。

 

この「安心」と「信頼」は

言葉や文章の「理屈」であたえるのとは違い、

あなたのかお写真を見て

 

「安心できそう」

「信頼できそう」

 

という「感情(心)」に

あたえることができるのです。

 

例えば、

あなたが新聞折込チラシを見て、

「A」「B」の

二枚のチラシが目にとまりました。

 

扱っている商品やサービスや条件も

ほとんど同じです。

 

でも、

大きな違いがひとつだけありました。

 

それは、 

「B」のチラシには

お店のオーナーの顔の写真と

実名が載っていたのですが、

 

「A」のチラシには

オーナーの顔写真どころか、

実名がチラシのどこにも書いてありません。

 

写真の質は別として、

あなたなら「A」「B」の

どちらのチラシを選びますか?

 

私なら迷わず

写真と実名のある

「B]のチラシを選択します。

消費者がチラシを見る時の心理

人は、 

知らない人を

いきなり信用はしないものです。 

 

これは、

お店に対しても同じで、

同じような商品やサービスならば、

知っている人(お店)を利用します。

 

どうしてか?

知っているということは、

 

「信用できる」

「安心できる」

 

という「担保」があるからです。

店主(店長)の顔写真やスタッフの写真

チラシに載せるサロン店のスタッフ写真
当店自慢のスタッフで~す!

私もそうですが、

いつも利用しているお店がたまたま休みで、

他のお店を探さねばならない時、

始めて入るお店は

先ずは中をチョットをのぞくでしょ・・・

 

それは

 

「どんな人がやっているのか」 

「どんな雰囲気のお店なのか」

 

入店する前に知りたいからで、

初めてのお店に入る入らないの

決め手になる情報だからです。

 

そしてチラシですが、

文章や

見た目にいいデザインを施したチラシでも

知らないあなた(お店)を

 

 「初めて利用する」

 

という

不安を取り除くことはできません。

 

が、

できる方法はひとつだけあります。

 

それは、

チラシをひと目見て

 

「行かなきゃ損だ」

 

と思える

そのチラシでの

販売条件(オファー)にした場合だけです。

あなたの顔写真の力

その「初めて」利用するという不安を

和(やわ)らげる力を持つのが、

あなたの写真と実名であり

お店のスタッフの写真です。

 

あなたの顔写真やスタッフの写真を

チラシにのせることによって、 

「知らない人」から 

「会ったことは無いけど知っている人」に変わり、 

「初めて」利用するという不安が薄れるのです。

 

ここで重要なのは写真の質で、

表情や写真から受ける印象です。

 

チラシに載せる店主の顔写真

オーナーの ○○○○○ です

あなた様にお目にかかることを楽しみにしています!

この表情や写真から受ける印象次第で、

あなた(お店)に対して、

 

「優しそうな感じ」 

「いい人みたい」

「ちょっと話しをしてみたいなぁ」

 

というように、

知らないお店に対しての

お客様の気持ちが変わるのです。

 

これは、

言葉や文章やデザイン(見た目)では

絶対にできないことです。

 

顔写真だからこそできることなのです。

 

チラシを作る時のために、

人を寄せる素敵な表情の顔写真を

普段から心がけて撮っておきましょう。

 

 

-追伸-

 

最初のページに私の写真を掲載したのは、

この理由からです。

 

その写真を

ホームページの後ろの方に掲載するよりも、

最初に掲載した方が、

どこの誰だかわからない人の書いものから

 

「あの写真の人 新井 の言っていること」

 

になるからです。

(このホームページは自作です)



チラシこことでお悩みがありましたらいつでもお電話ください!

お店のチラシ印刷 集客チラシの作成 相談 さいたま市.戸田市.蕨市
お店のチラシ印刷 集客チラシの作成 相談 さいたま市.戸田市.蕨市